Interface

アプリやウェブサイトのインターフェースとは、簡単にいうと「見た目」や「操作方法」のことになります。
インタフェイスと書かれている場合もあります。

Webサイトのインターフェースで重要なこと

Webサイトのインターフェースについて考える場合、直感的にその意味や操作方法が理解できるかがとても重要となってきます。

直感的には理解できない箇所が多ければ多いほど、ユーザーは「使いにくい」「よく分からない」といった印象を持つようになります。

それでは、直感的に理解できるホームページのUIとは何が重要なのでしょうか?

以下に3点ほどピックアップしてみました。

一貫性がある

予測できる

シンプルである

ポイント1. 一貫性がある

Webサイトのデザインやレイアウト、各機能の操作方法などには、一貫性がとても重要です。
一貫性のないWebサイトは、ユーザーに混乱を引き起こしてしまいユーザーの満足度を低くしてしまいます。
一貫性があることでユーザーはWebサイトを閲覧している中で、より早く操作に慣れることができます。

ポイント2. 予測できる

リンクやボタンなどには、その後どのようなページが表示されるのか、どのような変化が起こるのかといったことをユーザーが予測できないといけません。
予測できなければ、そのボタンやリンクをクリックしないばかりか、ユーザーが目的のページに移動することができないため目的を達成することができなくなります。

予測できるインターフェースであれば、ヘルプ機能なども必要なくユーザーは直感的にサイトを利用することが可能となります。

ポイント3. シンプルである

ボタンなどのインターフェースはシンプルであることが重要です。
シンプルであることによって、分かりやすく理解しやすいインターフェースとなります。

ポイント4. 各種デバイス、各OSに対応している

スマートフォンなどの携帯電話でも正常に動作するか、問題なく表示されるかは大変重要な問題となります。
サービスをリリースする前や開発中のアプリは、事前に実機検証してデバッグなどを行うことが大切です。

まとめ

以上のように、Webサイトを制作する場合、インターフェースが直感的に理解できるかどうかを常に意識する必要があります。
ユーザーにとって利用しやすいインターフェースは、リピート率やページビューの向上につながります。